天の雫



誕生日、いろんな方にお祝いいただいたので、感謝の気持ちを詩にしました



天の雫(しずく)


雲ひとつない 澄み切った白い世界に生の喜びが満たされる時、
天は喜び 一粒の涙を流す

一粒の涙は 遠く遠く風に乗り
いつしか 育まれた愛にたどり着くんだね
父と母の愛によって現れる小さな泉へ


一粒の涙は 天の雫となって静かに入り込み
そっと そっと 聖なる命を宿すんだ


小さな泉は 気が付くと 小さな清流となり
小さな清流は あなたのハートに流れ込む


命の水は 母なる流れ 父なる力
時には清流をせき止め
つばを吐いたりすることもある


だけど 今の私はたくさんの清流の通り道
天の雫は 私がここにきた証


たくさんの流れを受け取ってくれたあなた
私の雫は きっとステキな花を咲かせてくれたんだね

この記事へのコメント

moririn
2010年11月03日 11:45
もけさん

これは命の詩だね♪
心に響くよ!!
2010年11月04日 20:39
おいらは8日です
同じさそり座ですね 
2010年11月12日 16:19
もけもけさん

こんちは3(^^)Y

いいね~さすがすね~(海老蔵風2)

誕生日だったんですね おめでとうさん(^^)
もけもけさんにとって ステキな年にして下さい
心から おめでとうさん Y(^^)Y
いくつかな? (^^)Y
2010年11月12日 17:52
は~い、10月の9日が誕生日でした~

いくつかな?

えっと~

永遠の二十歳です(笑)
2010年11月12日 20:01
おいらは一か月後の今月でしたね
お互いいい一年にしましょう

この記事へのトラックバック