ちいさなひかりのいくところ

詩です

ですが、今回は悲しい報告も伴います


こちらには掲載せずに、小説公開サイトに載せますので、よければ見てください

   こちらです

タロットの13は死神です。

昔、タロットを結構使っていたのですが、死神の正位置は文字通り「死」です。

ところが、

逆位置は「再生」「はじまり」という意味を持ちます。



つまり、死は始まりであり、

これからの自分を滅し、新たな自分として生まれ変わるという象徴でもあります。


死は悲しみであると同時に喜びでもある。



人は、自分の目的をやり遂げて旅立った時、喜んで次に出発することでしょう。

そんな経験を積んでいきたい、

そう願わずにはおれない出来事でした

この記事へのコメント

yatuetaka
2010年11月19日 18:09
もけもけさん

こんばんは(^^)

悲しいな~ まだまだ 俺は成し遂げてないぞ~
若くてなくなる方も沢山いますし、身近な人が
亡くなると普通になるまで時間が必要ですね
だから 私も一期一会をモットーに 人に
接しあえたらいいと思います。

寒くなる季節は 辛いな~ 
お腹が減ったそ 今日は鍋がいいな~(^^)Y
2010年11月19日 19:10
悲しいことですね
おいらの学生時代の同級生の方も二十歳迎えないうちに病気で亡くなりました
運動は一緒に出来なかったですが講義のときは、おしゃべりもしたんですよ
死んだとはとても受け取りにくかったですね
そんな悲しい気持ちを久々に思い出しましたよ
(´;ω;`)ウッ…
2010年11月20日 02:43
寂しいですね。
大好きな人がいなくなるのは。
もけさんの詩、彼女の心に届いたと思います。
2010年11月20日 09:04
心に涙と一緒に届いた。
私は今でも死がよく理解できないけれど・・・
でもいろんなことに遭遇して
心も頭も体も成長してそうして受け入れられることもあるし・・・それでも受け入れられないこともある。
でも・・・周りの多くの人に支えられ守られていることを知るのは素敵なことだと思う。
彼女は本当に帰って行ったんですね。
ROLEX
2011年01月08日 00:01
凄いですねぇ、もけさんって色々やってるんですね。見てると色々過去の事が走馬灯の様に甦って来ました。

この記事へのトラックバック